DMM Bitcoinの特徴と評判!アルトコインのレバレッジが5倍

2018年1月11日にサービスを開始した「DMM Bitcoin」。老舗の仮想通貨取引所と比べると後発のサービスですが、ローラを起用したCMや、大企業であるDMM系列の取引所であることから話題になっています。

仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」の特徴や評判をまとめました。

仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」の特徴

DMM Bitcoiin

国内にある仮想通貨取引所の中で、「DMM Bitcoin」はどのような特徴を持っているのでしょうか。簡単に説明していきます。

2018年1月に発足したDMM傘下の仮想通貨取引所

「DMM Bitcoin」は2018年1月11日に発足した取引所。名前から分かる通り、動画やコンテンツサービスで有名なDMMの傘下の取引所です。

元々は「東京ビットコイン取引所」という名前でビットコインの取引を行っていましたが、名前を新たに「DMM Bitcoin」として生まれ変わり、さらにアルトコインの取り扱いもスタートさせました。

DMMグループは、FX・外為取引の「DMMFX(DMM.com証券)」など金融系のサービスを手掛けており、それらのノウハウを活かしたサービス展開が期待されます。アルトコインをレバレッジ取引したい方にオススメの取引所です。

仮想通貨交換業者として金融庁に認可されている

「DMM Bitcoin」の前身である「東京ビットコイン取引所」は2017年12月1日に金融庁認定の仮想通貨業者として登録されました。

もちろん「DMM Bitcoin」に変わった時点でも、正式に認可を受けています。

2018年1月に起こったコインチェックのNEM不正出金事件を受けて、少しでもリスクを回避し安全な取引所を選ぶことが、自分の身を守るうえで大切です。

ローラ出演のCMでも話題

CMにローラが出演したことでも話題です。「先輩、仮想通貨って知ってます?」と聞かれたローラが、全然分かっていないのに「知ってる」と持論を展開するコミカルなCMです。

CM動画以外にも、都心部の駅前広告など多くの場所でローラの写真が使われた広告を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

取扱い通貨は7種類(現物取引は2種類)

DMM Bitcoiinの7通貨

DMM Bitcoinが取り扱っている仮想通貨は次の7種類。
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ネム(XEM)

ただし、現物取引(持っている資金の範囲内で取引すること)ができるのは、ビットコイン、イーサリアムの2種類のみです。通貨ペアは次の3種類です。
・ビットコイン/円(BTC/JPY)
・イーサリアム/円(ETH/JPY)
・イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)

アルトコインの現物取引はできず、レバレッジ取引(自己資金よりも多くの資金をかけて取引すること)のみとなります。

レバレッジ取引は14通貨ペア

レバレッジ取引であれば、次の14通貨ペアでの取引が可能です。

・ビットコイン/円(BTC/JPY)
・イーサリアム/円(ETH/JPY)
・イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
・イーサクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
・ネム/円(XEM/JPY)
・ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
・リップル/円(XRP/JPY)
・リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
・ライトコイン/円(LTC/JPY)
・ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
・イーサクラシック/円(ETC/JPY)
・イーサクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
・ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
・ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

今まで日本国内の仮想通貨取引所で、ビットコインをレバレッジ取引できる取引所はありましたが、アルトコインのレバレッジ取引をできるところはありませんでした。

つまり、アルトコインのレバレッジ取引をしたいならDMM Bitcoin一択となります。2018年はアルトコインが伸びると予想されているので、小さな資金でも大きなチャンスを狙えるレバレッジ取引ができるのは嬉しいですね。

豊富で操作性バツグンの取引ツール

DMM Bitcoin操作性

DMM Bitcoinはパソコンからの取引はもちろん、iOSとAndroidに対応したスマホアプリの機能が充実しています。

レバレッジをかけた取引やデイトレードには、操作性の良さやチャートの見やすさ、テクニカル分析のしやすさも重要です。DMMは外為FX取引サービスを展開しているノウハウを活かした、使いやすいインターフェースが魅力。

後ほど紹介しますが、実際に使用しているユーザーからも「使いやすい」「見やすい」と評判です。

手数料が安い!(入出金も無料)

各種手数料が安いのもDMM Bitcoinの特徴です。

DMM Bitcoin手数料

例えばビットコインやイーサリアムを現物取引した場合の手数料は無料。ビットフライヤーだと0.01%~0.2%の手数料がかかりますが、DMM Bitcoinでは無料です。

実際には手数料とは別にスプレッド(買値と売値の差)という見えない手数料のようなものがあるので、一概には言えませんが、手数料が無料ということは、スプレッド以外に気にせずに売買できるので嬉しいですね。

さらに日本円を口座に入出金する際の手数料や、他のウォレットや別の取引所から入出金する手数料も無料です。入出金には手数料がかかる取引所が多いので、嬉しいポイントですね。

DMM Bitcoinの評判

パソコンからもスマホからも使いやすい

多数のコンテンツサービスやアプリを提供しているDMMが手掛けているので、その使いやすさがとても評価されています。パソコン画面はもちろん、スマホアプリの使いやすさやチャートの見やすさも支持されています。

口座開設しないでもチャートを見れるので、解説せずにチャートだけ見てるというユーザーもいました。

他の取引所では、アプリがなかったり、あまり機能が充実していなかったりするので、アプリが使いやすいのはとてもポイント高いですね。

https://twitter.com/sinmaikanemochi/status/951598071825092608

スプレッドが高すぎる

スプレッド(買値と売値の幅)が高い問題はどの取引所でも必ず問題になっていますが、DMM Bitcoinのスプレッドも高すぎると話題になっています。

スプレッドはその都度変化していくので一概には言えないのですが、アルトコインの場合10%~20%という高すぎるスプレッド幅…。ビットコインの現物取引でも、他の取引所と比べるとスプレッドがだいぶ高いと言わざるを得ません。

https://twitter.com/Tell_Bitcoin/status/956810303810953216

たとえば私が確認したときのレート一覧はこちら▼

DMM Bitcoinスプレッド

このとき、XEM/JPYのスプレッドは約12円(約16%)。

もし77円でXEMを購入したとしたら、スプレッドを考えると、89円より高く値上がりしなければ損をしてしまう計算になります。どう考えてもスプレッドが高すぎます。

しかもDMM Bitcoinのスプレッドは1秒ごとに変わるため、買いのタイミングが難しいと言わざるを得ませんね…。

アルトコインのレバレッジ取引ならDMM Bitcoin

スプレッドが高すぎるという不満の声もありつつ、アルトコインをレバレッジ取引したい場合は、国内の認可取引所で他に展開しているところがないので、DMM Bitcoin一択となります。

良い評判に注目してみると、アプリが使いやすく、チャート分析もしやすいという声が多いDMM Bitcoin。メインの取引に使わなくても、見やすいチャートを利用するために口座開設してみるのはいかがでしょうか。

藤原くま子
フリーランスでライター・Webデザイナーをしています。大学在学中に「情報デザイン」を専攻し、難しい情報を見やすく分かりやすく伝える手法を学びました。個人店カフェを経営していた時期もあり、アンテナ広め。仮想通貨、投資、IoT、ビジネスハックなどを噛み砕いて万人に分かりやすく伝えるのが得意。地元の荻窪情報(@ogikubo_life)も発信しています。